1/7
 

仲西森奈 歌集

「起こさないでください」

著者 仲西森奈 

装丁 古本実加 

編集 稲垣佳乃子

発行 さりげなく

印刷 修美社  

2019年11月16日 初版第一刷発行

短歌・エッセイのようなもの/索引
252P・コデックス装・1000部発行

価格 1800円(税別)

 

出版社さりげなく、です。
 

早速ですが、この言葉が気に入っています。


「いろいろなことを、いろいろなまま並べておくのはいいものだよ。だから、答えは出ない。Aでもあり、Bでもある。僕はね、答えがふたつあるものにこそ本当のことが宿っていると信じている。だから、これはこの先、何度も考える価値がある。ただし、答えはどこまでも出ない。答えなんて見つけない方がいいんだよ」


吉田篤弘氏の『雲と鉛筆』で人生という、あだ名の男が主人公に話した言葉です。


そして、人生の言葉はこう続きます。


「『見る』という言葉が使われている以上、その対象物に自分は含まれていないと思う。『見つけた』と口にした瞬間、見つけたものは自分の外にあると確定される。つながったんじゃない。むしろ、つながっていないことがわかった寂しい瞬間なんだよ」


AでもBでもなく、じつはそのふたつの間に豊かなものがある、と。
AかBを見つけるのではなく、その間にある無数のいろいろに気づくということ。


生きている間の26年間、本がそんな瞬間にいつも出会わせてくれました。
与えてくれました。また、たくさんの物語が私を動かしてくれました。


ふたつの間にある、無数のいろいろのために

さりげなく、はじめたいと思います。

 

本の企画/編集/出版/デザイン

本にまつわる企画

物語を感じられることの企画/編集/デザイン/販売

​などを行っています

 

ご質問は、こちらのフォームから

お問い合わせをよろしくお願いいたします。

また、添付ファイルなどございましたら、

以下のアドレスに直接お送りください。

sarigenaku.staff@gmail.com