sen_アートボード 1.jpg
kami_moji_200507-12.png

「あなた、醤油さしもってないの?」京都の東寺で行われる弘法市で、言われた言葉を、醤油を入れ替える瞬間に思い出した。そういえば、この醤油さしは、あの言葉にぐさりときて買ったのでした。大事に思っている人から勧められると、それはそれは欲しくなったりすることもあるけれど、赤の他人である人がスッと言ってきた、偶然に出会う言葉に、動かされることもあったりする。

さりげなくの定期便は、さりげなくから突如送られてくる言葉や物語の定期便である。それは、「あなた、醤油さしもってないの?」に近いもの。意図も、深い想いもそんなにはない。ただ、タイミングによっては、あなたの人生を動かしたり、深く記憶に残るようなことがあったりするかもしれない(私が醤油さしを買ったように)。いや、でも、ないかもしれないです。

さりげなくから年2回の定期便

出版社さりげなくから、年2回の定期便。企画誌『紙』と短編小説『ブックカバーマンション』をお送りします。(詳しくはコースを参照ください)この定期便を、100号まで続けられたらいいなぁと思っているのですが、単純計算で50年。でもあっというまですよね。多分。

お届けするもの

企画紙「紙」

いま興味があることや日々の発見について、本を読んだり、誰かと話したり。考えては消えて、気づいたらまた別の何かが生まれる。本を作っていると、そんなことがたくさんあります。いま考えていることが何年後、何十年後にかたちになるかもしれず、いや、死ぬまでずっと考え続けるのかもしれず。企画紙「紙」は、そんな可能性を抱えた言葉たちや、本を作る中での印象的な出来事など、本づくりにまつわるいろいろを一枚の紙でお届けします。他にも、制作中の本の話やおすすめの本の紹介なども。

紙1.png

ブックカバーマンション

ブックカバーマンション3.png

マンションのイラストが描かれたブックカバーとそこに住んでいるかもしれない人の物語のセット「ブックカバーマンション」。物語というものは、人の生活ありき。その物語をカバーするマンションは、本をカバーするブックカバーと同じ存在かも。最初は外観しかみえないけれど、物語はいつも中にある。そこに住む誰かの暮らし、それぞれの生活が、それぞれの物語となりうるのです。あなたはどちらのマンションに? 内容:紙のブックカバーと物語

 

コースについて

sarigenaku_teikibin_アートボード 1.png

企画紙「紙」とブックカバーマンションのセットを年間2回お届け。

sarigenaku_teikibin-02.png

企画紙「紙」とブックカバーマンションのセットを年間2回お届けすることに加え、その年の新刊1冊をお届け。

【 5000円・10000円コースについて 】

 その年の新刊は、年2回目の発送時にお届けします。お客様ご指定の本をお届けすることはできません。あらかじめご了承ください。

sarigenaku_teikibin-03.png

企画紙「紙」とブックカバーマンションのセットを年間2回お届けすることに加え、その年の新刊1冊をお届け。

お申し込みについて

1. ネット申し込みの場合

sarigenaku_teikibin-03.png

企画紙「紙」とブックカバーマンションのセットを年間2回お届けすることに加え、その年の新刊1冊をお届け。

挿絵2A.jpg

上記のコース選択画面で希望のコースを選択し、申し込むボタンからお進みください。

2. ハガキ申し込みの場合

挿絵1.jpg

1. ハガキに以下の項目をご記入ください

・お名前(フリガナ)

※お名前は、銀行振込の名義と同じ名前をご記入ください。

・ご住所

・電話番号

・メールアドレス(任意)

・選択するコース(3500円、5000円、6000円、10000円のうちいずれか)

2. 以下の住所あてにハガキをお送りください

〒606-0844
京都市左京区下鴨北茶ノ木町25-3
花辺内 さりげなく 稲垣佳乃子

3. 以下の口座に選択されたコースの金額を

お振込ください

三井住友銀行 京都支店(496) 普通

9656149 カ)サリゲナク

・ハガキとお振込の確認が出来次第、お申し込み確定のご連絡をハガキでお送りします。
・1年間分のみのご契約となりますので、次の年も購読される方は別途お申し込みが必要です。更新のタイミングでご案内をお送り致します。

年間スケジュール

3/100号 2021年5月中お届け予定

4/100号 2021年10月中お届け予定

​6月以降お申し込みの方は、4/100号お送り時に、3/100号もお送りいたします。

よくあるご質問