宮﨑玲奈 戯曲

「つかの間の道」

いなくなった親友にそっくりの
ヒサダさんに出会うカップル
夫がいなくなり、姪と暮らしている女、

近所に住むおばさん
日常が歪んでいく、女の子ふたりの遠出

もう居ないはずの誰かに、

目の前にいる誰かが重なり、
今いる場所に、

かつていた場所が重なっていく、
都市生活者冒険譚

日常の言葉から作られた戯曲集。
会話を繰り返しすすむ日常(物語)には、
始まりも終わりもない、とも言えるかもしれない。
そんな戯曲を、

どの場面からも切り取ることができる
ぺりぺりと剥がれやすい製本で仕立てました。

作者 宮﨑玲奈 

印刷 藤原印刷株式会社

編集 稲垣佳乃子、熊谷麻那

装丁 古本実加 

発行 さりげなく

2021年3月1日 初版第一刷
限定400部発行

価格 2000円(税別)

取り扱い店舗一覧


【関東】SUNNY BOY BOOKS / 代官山蔦屋書店 / 
双子のライオン堂 / うさぎや宇都宮東口店
【中部】栞日
【関西】恵文社 / 開風社 / FOLK old book store / 
誠光社 / toi books / 京都岡崎蔦屋書店 / 本の栞

【中国四国】 本の轍 / 本屋ルヌガンガ / 汽水空港

2021年3月8日時点の情報です。
​最新の情報につきましては書店様にお問い合わせくださいませ。

1/1