編集の視点と装丁の視点を実践的に学ぶ教室を開きます。

私たちから、答えを提示するわけではなく、

編集や装丁について仲間たちと実践を通して作ることを楽しみ、

学んでいくことのできる授業を構成しています。

 

本作りのうえでの、

編集と装丁に“絶対”というルールはないと思っています。

作りながら学び、学びながら作る。

それの繰り返し、と思っています。

 

出版社さりげなくは、大きな出版社では、

出版できないような形で本を

企画し、編集し、装丁して、営業して、

本を出版しています。

 

本が売れることも大事ですが、たくさん売れずとも

確かに届く人のイメージを持って作る本にも意義があり、

定型にはまらないからこそ、

チームで覚悟を持って作りきることの奥ゆかしさを、

少しづつ伝えられたらと思っています。

 

まだまだ業界の中では、未熟な出版社ではありますが、

成長の過程だからこそ、皆さんとともに学べる環境を

つくりたいと思った所存です。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

<イントロダクション:1回>

編集、装丁、流通について。

 

<編集いろは:3回>

編集の観点、台割の作り方、本の企画出しや構成、サムネイルの書き方を実践を通し、学びます。

 

<装丁のいろは:2回>

本づくりの基礎、紙や素材選び、文字組み、手描き文字などを実践、学びます。

 

<制作:全6回>

編集と装丁でコンビを組み、1冊の企画から装丁までを仕上げます。

5回のうちに何度も練り直しを行い、あーだこーだ話し合うことを体験します。

教室の流れ【全12回】

参加していただきたい方

・編集や装丁のどちらかに興味があり、生業にできたらなぁとぼんやり考えている方

・編集や装丁のどちらかに興味があり、生業にできたらなぁとしっかり考えている方

・本という媒体を特段好む方

・好奇心がある方

・全12回参加できる方

募集人数

編集:3〜5名

装丁:3〜5名

編集に興味のある方も装丁を、装丁に興味のある方も編集を学んでいきます。

講師

    出版社さりげなく 

代表 / 編集部   稲垣佳乃子

装丁部 古本実加

参加費

全12回 48,000円 (1回4000円)

分割でのお支払いも可能です。

希望される方は、お気軽にご相談ください。

開催日程について

8 / 21(土)・  22(日)

9 / 11(土)・  12(日)

10 / 2(土)・  3(日)

11 / 6(土)・  7(日)

 

12 / 4(土)・  18(土)

 

1 / 22(土)

 

2 / 5(土)

※10/2(土)3(日)高松の事務所で開催の可能性あり。他は、京都事務所で開催します。

詳しくは、参加者の皆さんと相談します。

その他日程も、参加の皆様に合わせて変更される場合もございます。ご了承ください。

8月10日(火)締め切り

オンライン説明会等を実施予定。

随時SNS等でおしらせします。